導入事例

HOME > 導入事例 > スタートアップ企業の経理業務改善

経理業務の棚卸からはじめた
業務改善の事例

企業概要

・動画などのメディア提供や運営を実施。
・急成長しているスタートアップ企業様。

ジャンル
アウトソーシングサービス
マニュアル作成
解決策
業務棚卸
業務フロー見直し
常駐
効果
業務改善
残業時間の削減
動画メディアサービスの会社様

企業課題

請求書発行でミスが多発、手戻り作業が発生し残業時間が増加していた。

毎月発生する請求書の発行を手計算で対応しており人為的ミスが多く発生していました。また、膨大なデータベースから請求金額を出力し計算する業務のマニュアルがなく、ミスが多発して残業時間が増加していました。
お客様は派遣社員などの短期的な外部の労働力で業務をカバーしようと考えたそうですが、採用・教育にかける時間がなく、経理の業務整備から対応までを一貫して行うアウトソース先を探していました。

BODからのご提案

BODのスタッフがお客様先に常駐し業務フォロー。業務改善に基づいたマニュアルを作成。

業務内の細かなルール作りや業務フローの構築をご提案しました。業務フロー全体を見直し、経理業務をマニュアル化しました。また、フォローとしてBODのスタッフがお客様先に常駐して経理業務のお手伝いをさせて頂きました。

導入効果

スタッフが常駐して作業を代行したことでフローを見直す時間を確保することに成功。マニュアル作成しフローを整備したことでミスが減り、残業時間の削減に貢献。

業務改善としてチェック体制を強化し作業の方向性を細かく決めて業務整備を行いました。その結果、入金当て込み、売掛残をなくすことができました。
また、BODで業務整備した経理の業務をマニュアル化しました。
業務をマニュアル化することで自社内・他部署との接続部分が適切か判断する良い材料となり、クライアントが対応できていなかった部分をBODのスタッフがお客様先に常駐して対応することで、お客様のリソースをつかわずに業務改善をすることができました。

そのお悩み、BODで解決できるかもしれません!