ダイバーシティ&インクルージョン

HOME > 会社概要 > ダイバーシティ&インクルージョン

ダイバーシティ&インクルージョン

私たち株式会社BODは、ジェンダーにとらわれず、全従業員が輝ける職場を提供することがミッションと捉えています。女性従業員が過半数を占めている当社では、女性の活躍推進、男性の育児参画推進など、ワークライフバランスの実現に向けた多様な働き方の導入や幅広い研修制度を設けています。さまざまな取り組みを通じて、従業員一人ひとりが最大限に才能を発揮できる環境づくりを進めています。

「男女共同参画社会」

BODの取り組み紹介

働き方改革、各種制度の導入、職場の環境改善施策社内イベントのご紹介、データで見るBOD(従業員の男女別比率、職場復帰率、男女別管理職比率)

女性活躍推進に基づく行動計画について

女性従業員が過半数を占める当社では、ライフステージの変化に伴ったキャリア形成や、管理職を目指す女性従業員が、その能力を発揮できる組織づくりを進めています。

〈目標〉
①管理職に占める女性比率20%以上を維持
②平均残業時間を、全社で月平均28時間以下を維持、継続できる多様な働き方の査定

〈企画期間〉
令和6年3月1日~令和8年12月31

〈取り組み内容と実施時期〉
《取組1》働き方の多様化に向けた制度の活用を促進する。
令和6年4月~ テレワーク推進、より多様な働き方として週休3日制度の実施
女性従業員の家庭と仕事の両立支援の加速のため、従業員が勤務形態を自由に選べる制度の策定

《取組2》女性を中心に業務スキルを向上させる適宜研修を実施
令和6年3月~ 業務スキルを向上させる研修の実施
令和6年12月~ アンケートやヒアリングを基に、制度改定や適宜研修を実施(責任者に対して1回/半年実施)
令和7年4月~ 研修内容についてアンケートヒアリングをし、ブラッシュアップを行う

家庭生活の両立に資する社内制度の概要

ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方

働き方の多様化が求められる中、BODではそれぞれ個人のライフスタイルに合わせて、さまざまな勤務形態を導入することで、従業員の選択肢を増やしています。

テレワーク/在宅勤務、フレックス、時短勤務、時差出勤、有給休暇、特別休暇

えるぼし認定を取得

厚生労働省より「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づく優良企業として、「えるぼし」の認定を取得しました。


えるぼし認定とは
女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づき、一定基準を満たし、女性の活躍促進に関する状況などが優良な企業を認定する制度です。


女性の活躍推進企業データベース

「えるぼし」第2段階

男女共同参画社会への取り組み

男女共同参画社会とは?

男女共同参画社会とは、「男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会」です。

「男女共同参画社会」

BODの取り組み紹介

働き方改革、各種制度の導入、職場の環境改善施策社内イベントのご紹介、データで見るBOD(従業員の男女別比率、職場復帰率、男女別管理職比率)

BODが実施する全ての人が活躍できる社会とは?

①職場に活気
社内SNSツールを活用した社内イベントの実施や、ライフスタイルに合わせた多様な勤務形態の導入をしています。スキルアップのための研修制度もあり、男女ともに働きやすく、個人の能力を最大限に発揮できる職場づくりに取り組んでいます。

〈職場環境の最善を目的とした各種制度と施策〉
生産性が高く、働きやすい職場環境をつくるために、オフィス環境の改善や、各種制度を導入しています。

・水曜日はノー残業デー ・社内公募制度  ・資格取得支援制度 ・全執務室に空気清浄機を設置 ・カジュアルフライデーの実施 ・クールビズの実施

〈外部講師によるスキルアップ研修〉
・FM資格認定プログラム ・給与計算実務業務検定プログラム ・経営幹部候補育成プログラム

〈役職やスキルによって受講できる階層別研修〉
・マネジメント研修 ・リーダーシップ研修 ・コーチング研修 ・OJT

〈場所を選ばないe-learning研修〉
・コンプライアンス研修 ・情報セキュリティ研修   など

②家庭生活の充実
仕事と家庭の両立を支援するための環境整備を進めています。育休に関しては、女性のみでなく、男性従業員も取得しています。男性の家庭への参画が進むことによって、男女ともに子育てや教育に参加できる社会の実現を目指しています。業務においても、最大限の能力を発揮できるよう、従業員のワークライフバランスを整え、健康経営に取り組んでいます。

③地域力の向上
ボランティア活動の一環として、毎月、東池袋周辺の清掃活動を行っています。2024年2月から始めたこの活動に、延べ100名以上の従業員が参加しました(2024年6月現在)。BODでは、これからも持続可能な社会の実現に向けて「住み続けられるまちづくり」に取り組み続けます。

今後の取り組み

BODでは、男女が個人として能力を発揮する機会が確保される環境を整えるために、以下の通り、取り組んでいます。

雇用、研修、セクハラ、マタハラ、さまざまなハラスメントの阻止
・働きやすい環境の実現
・男女問わず育休を取得しやすい環境づくり
・産休、育休からスムーズに復帰しやすい体制づくり
・活用しやすい制度、福利厚生

「機会の確保」とは

機会の確保だけで、第2条に規定されているように男女が均等に利益を享受できるのかとの懸念が指摘されるが、第 2条で男女が共に機会を確保され、男女がそれぞれに能力を発揮すれば、本条の「男女が性別による差別的取扱いを受 けないこと」との規定により、男女という性別の違いにかかわらずその能力(成果)が適切に評価されることになる。これ により、男女は性別によらず能力(成果)に応じて均等に利益を享受できることになる。なお、この趣旨での国会答弁(平成11年5 月13日)もある。
引用:男女共同参画社会基本法逐条解説

qms_isms

ISO 9001:2015 & JIS Q 9001:2015
ISO/IEC 27001:2013 & JIS Q 27001:2014
池袋パークビル/青海流通センター
BPOサービス、システム開発・保守、物流倉庫における流通加工(キッティング・アッセンブリ・仕分け)

当ホームページを快適に御利用いただくために、下記のブラウザでの閲覧を推奨いたします。
Microsoft Edge最新版 / Mozilla Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Apple Safari 最新版 / iOS、Androidの標準ブラウザ
※推奨環境下での御利用であってもOSのバージョンやブラウザとの組み合わせ、ブラウザの設定状況などによっては表示・機能に不具合が起こる可能性がありますのであらかじめ御了承くださいませ。※Internet Explorer 11は2022年6月にサポートが終了いたしましたため、推奨環境外とさせていただいております。