リスケジュール(リスケ)とは?意味や使用例を解説 ノウハウ

リスケジュール(リスケ)とは?意味や使用例を解説

ビジネスシーンで、「リスケ」という言葉を聞いたことはありますか?
この「リスケジュール」の略である「リスケ」は、「日程の再調整やスケジュールの組み直す」意味で使用します。
しかし、この「リスケ」という言葉は正しい状況で使用しないと、相手に不快感を与えてしまう可能性があります。
「リスケジュール(リスケ)」の正しい意味や使い方を理解し、スムーズなコミュニケーションを心がけましょう。

リスケジュール(リスケ)の意味

  リスケジュール(リスケ)日程・計画の再調整、スケジュールを組みなおす

「リスケ」は主にビジネスシーンでよく使われる表現です。
会議や打ち合わせ、納期などの日程を変更する際に利用されます

リスケジュール(リスケ)の注意点

リスケは一般的なビジネスシーンではよく使用される言葉ではありますが、正式な言葉ではなく、英語の「reschedule(リ・スケジュール)」を略した言葉です。
そのため、状況によっては相手にいい印象を与えない可能性があります
ここからは「リスケ」の注意点について解説します。

ビジネスシーンでの「リスケ」の注意点

上司やクライアントに対しては使用しない

「リスケ」は略語なので、カジュアルな印象を持たれてしまう可能性があります
なので、クライアントや上司に対して「この日程でリスケできませんでしょうか。」と伝えると悪い印象を持たれてしまうかもしれません。
上司やクライアントへの日程調整のお願いをする際は「リスケ」を使用せず、「日程を再度調整させてください。」と伝えるようにしましょう。
同僚や親しい間柄の人へ「リスケお願いします。」と伝えるのは問題ないので、相手の信用を落とさないよう、使用する相手を見極めることが大切です。

リスケを伝えるのはメールより対面・電話が◎

今はメールだけでなくTeamsやなど便利なツールがたくさんあります。しかし、基本的にリスケをする際の連絡は電話や対面がマナーです。
電話をかけても長時間不在で繋がらない!ということもあるかと思いますが、そういう場合は先にメールで連絡をして改めてかけなおしましょう。
あくまでも自分都合による予定変更で相手に迷惑をかけてしまうということを忘れてはいけません。
また、電話でリスケした際、日程変更の【エビデンス】が残るようにメールで日程を送ることを忘れないようにしましょう。

金融業界での「リスケ」の注意点

ビジネスシーンでの「リスケ」は基本的にスケジュールや会議などの日程調整時に使用しますが、金融用語での「リスケ」は異なった意味で使用されます。

 金融機関で使用するリスケジュール(リスケ)金融機関からの借入金の返済条件を変更すること

金融業界で使用する「リスケ」の意味は、“借り入れたお金を返済するのが難しい状況になったときに、返済の条件を変更すること”です。例えば、「ある期間だけ返済額を減らす」といった返済条件の変更を行う際に使用します。新規融資を受けられない場合でも、資金繰りを改善させるための選択肢の一つとして使用されています。

リスケジュール(リスケ)の注意点

リスケジュール(リスケ)の使用例

白井
白井

黒井さん、今業務が立て込んでいるので、今日予定していた○○のミーティングを明日にリスケしてもいいですか?

黒井
黒井

はい、分かりました!時間調整します!

この使用例は、白井さん(上司)が黒井さん(部下)に対して、今日行うはずだったミーティングのスケジュールの再調整をお願いしている状態です。
一度立てたスケジュールはリスケしない事が理想ですが、突発的なトラブルや、日々状況が変わっていくビジネスシーンでは、リスケは避けられません。
状況に応じてスマートに「リスケ」を使用しましょう。

リスケジュール(リスケ)と似た言葉(類義語・対義語)

類義語

再調整

手直し・修正・あらかじめ決まったものごとを変更し改める
例:「スケジュールの再調整をお願いいたします」

対義語

オンスケジュール・オンスケ(on schedule)

日程通り。スケジュール通り。予定通り。
例:「資料の作成はオンスケで進んでいます」

一緒に使われる言葉

ペンディング(pending)

「保留」「先送り」という意味で使用される。
例:「この案件は、一旦ペンディングしましょう」

信頼関係があるから「リスケ」は使える!

ここまで「リスケジュール(リスケ)」についての解説を行ってきました。
普段何気なく使用しているビジネス用語でも、詳しく調べてみると思わぬ注意点が存在する場合もあります。「リスケ」は目上の人やクライアントに対しては絶対に使用しないように心がけましょう。
相手に誤解を与えない、丁寧なコミュニケーションを取るために、ビジネス用語の意味を正しく把握して使用しましょう。
また、日程調整スムーズに進めるために、言葉の意味を正すのはもちろん、業務内容を整理することも必要です。
「リスケジュール(リスケ)」について学んだ今日をきっかけに、現状の業務について改めて見直してみてはいかがでしょうか。

BODのマニュアルトゥデイなら、「組織に根付くマニュアル作成」が可能!

ワードもパワポもエクセルも不要。テンプレートに沿って画像と文字を入れていくだけで簡単に貴社オリジナルのマニュアルが作成できます。
手順を一つずつステップ構造で表しているので、変更や更新も簡単に行うことができます。

また、従業員にマニュアルが定着するよう、定期的なマニュアルの更新・メンテナンスなどのサポートが可能です。
活用状況の可視化や分析も可能なので、良く検索されている単語などからマニュアルを更新・補填するなど、本当に求められている内容のマニュアルを完備できます。

タイトルとURLをコピーしました