「キッティング代行サービス資料」が追加されました。 ぜひご活用くださいませ。
PDCAサイクルとは|効果的な回し方と活用のメリット【基礎編】 ノウハウ

PDCAとは|サイクルの効果的な回し方【基礎知識編】

ビジネス用語「PDCA」について解説します。PDCAサイクルとは、主に生産・品質管理など業務管理における継続的な改善手法のこと。当記事では、具体的な実施内容やPDCAサイクルの効果的な回し方、活用のメリットついて、簡潔にご説明します。

PDCAとは

  PDCA(読み:ピーディーシーエー)Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字を取ったもの。

4段階のプロセスを繰り返し、業務改善や目標達成を実現するためのフレームワークです。
PDCAの最後のステップ、Actionが終了したら、また最初のPlanに戻り、プロセスをループ状に循環させることから「PDCAサイクル」とも呼ばれます。

PDCA各プロセスの実施内容

PDCAの各プロセスにおいて、具体的な実施内容をご説明します。

Plan(計画)

現状や課題を可視化して、目標・目的を設定し実行計画(アクションプラン)を立てます。目標を設定する際は、必ず数値化することがポイントです。定量化した数値で目標を立てておかないと、その先の管理ができなくなるためです。

Do(実行)

計画をすぐに行動できるタスクに落とし込み、実行します。実行したプロセスや活動の結果は必ず記録しておきましょう。次のステップ、Checkで振り返るために「事実」や「数字」を記録しておくことは重要です。

Check(評価)

実行した内容を検証します。計画通りに進んだのか、目標数値は達成できたのかを振り返り、評価します。評価する際は「できた/できなかった」を判断するだけでなく、なぜそのような結果になったのか、要因分析を入念に行う必要があります。
失敗要因だけでなく、たとえ計画通りに事が進んだ場合でも成功要因を分析し、最初に立てたPlan(計画)の数値目標と比較検証を行います。そして、具体的な数値を根拠とした検証結果をまとめます

Action(改善)

検証結果を受け、今後どのような対策や改善を行っていくべきかを検討します。改善策が複数見つかった場合には、優先順位を絞り込みます。課題の克服はもちろんですが、良かった点はさらに伸ばす方法を探りましょう。一方、改善の見込みがない場合には、計画を延期や中止する判断も必要です。

ここで立てた改善策をもとに、新たなPlan(計画)を立て、実行→評価→改善と、サイクルを回していくことで、品質を向上させていくのです。

PDCA各プロセスの実施内容

PDCAサイクルの効果的な回し方

近年、多くの業界・業種でスピード感が重視されるようになり、PDCAサイクルも迅速に回していくことが求められています。PDCAを効果的に運用するポイントは3つです。

  • 「数値」と「期間」をセットで目標設定すること
  • 進捗を定期的に振り返ること
  • 現実的な計画を立て、計画通りに実行すること
IT機器の利用でより効果的に

IT機器の利活用で、より迅速かつ明確に
生産・品質管理などの継続的な改善手法であるPDCAサイクルは、これまで特にサービス分野の業種において、「Check(評価)」がうまく機能しないデメリットがありました。アナログな視点によるサービスやアクションの評価では、各業務の標準時間など明確な基準設定があいまいになりがちだったためです。
しかし近年では、デジタル技術の発展に伴い生成系AIも普及してきています。AIカメラやセンサーといったIT機器を利用することで、サービスの提供状況等をデータとして取得、分析できるようになりました。サービスを改善するためのPDCAは、より迅速かつ明確に回せるようになってきています

PDCAサイクル活用のメリット

PDCAサイクルを活用するメリットを3つに絞り、簡潔にご説明します。

  • 「目標」と「タスク」が明確になり、タスクの実行に集中できる
  • プランの実行、検証により、課題を発見しやすくなる。失敗から学ぶ力がつく
  • PDCAが一巡すれば必ず改善案が示され、確実な改善につながる

PDCAサイクルを活用し業務効率化を

PDCAサイクルは元々、生産・品質管理モデルに由来するものですが、現在では戦略実行や経営管理、営業・事務など各機能の業務改善に至るまで幅広く利用されています。いわば「改善プロセスの基本」ともいうべきフレームワーク。PDCAサイクルを活用して、業務効率化や生産性の向上につなげていきましょう。

PDCA活用で業務改善

アウトソーシングなら、BODへ

大量に発生する単純作業や定型業務をアウトソーシングして、大切な時間を本来取り組むべきコア業務にあてられるようBODが支援します。
BODのアウトソーシングサービスでは、BPO事業会社として培ったノウハウを最大限に発揮。さまざまな角度からお客様に寄り添ったご提案内容で課題解決に導きます。
経験豊富なコンサルタントが多数在籍しておりますので、専門性が求められる高度な業務のアウトソーシングも安心してお任せください。

タイトルとURLをコピーしました